武田戦車道場★プラモ戦記

ミリプラ好きの管理人武田のうんちくブログ

TAC出版 真説・国防論 苫米地英人

苫米地氏の戦争論の今までに出版された物の

集大成とも言える軍事国防に関する総論。

 

私はこれまで、およそ苫米地博士の方法論を約10年程、

氏の著作を8割方購読し、研究してきた。

その中でも一番シンクロ出来る著作である。

 

日本を真んの意味で、復興、済世し、真ともな一独立国として

新たな国際的外交の新世界での、中心的存在へと伸展さすべきと考える人に

是非読んで欲しい本。

 

重要かつ現代戦の主要兵器のスペック及び簡易な概要、

使用時のイメージがつかみ易いと思う。

 

そして民間軍事会社のこれからの日本での創設の可能性、

民間対テロ新組織設立、

自衛隊とは別の災害救助隊(予備兵力として温存)の

創設について意見具申されている。

 

軍事知識のない一般ピープルや、似非左翼的人種には誤解必須と

思われる危険性が十分にある。

が、

正しい世界の常識的軍事、国防知識をこの本で身につけておけば、

外国人とまともに、ある意味逆に平和論についても話すことが出来うると思われる、

逆説の左翼論(ネト迂余論?)とでも言えそう。

 

この本を読んだなら、

その他軍事・兵器に偏見のある人種達を論破する事も可能と思はれますので、

逆洗脳してやって下さい。

 

ハサミと頭は使いようである事を・・・

 

1 thought on “TAC出版 真説・国防論 苫米地英人”
  1. ピンバック: keto apple crisp

コメント受付は終了しました

武田戦車道場★プラモ戦記