武田戦車道場★プラモ戦記

ミリプラ好きの管理人武田のうんちくブログ

TRUMPETER 1/35 OBJECT268 CATAPILLER ON

o-268にキャタを履かせた。

 

連結式キャタ片側88枚をランナーから一枚ずつ切り離した後、平面に置き、連結した。

流し込み接着剤が乾ききる前に重力を意識して、曲付けした。

 

数コマはバリがあって、カッタ―で取り除いたら巧く嵌まった。

 

キャタはKV系だが、軽め穴の開いた後期型の物の様である。

フェンダーは切り取って、ダメージ表現したかったが、側面が独特の中空式装甲に成っており、

アライメントが破綻しそうなので、折角の弛み表現が魅せられそうもない・・・

 

記録写真では、砲弾搭載(戦闘)重量により、可なりト―ションバ―がへたり込んでいるので、

それに倣い少し沈み気味にしたら、片方で最大5枚キャタが余った。

 

戦車一般に言える事だが、博物館所蔵の車体は乾燥重量なので、所謂

腰高に見えるし、歴戦のドイツ軍重戦車の中には、逆に完全に壊れて、

真実の姿よりへたり込み過ぎている個体もあるので、第一線実戦時の様子を

想像して再現されたい。

 

良く整備された機体は有る種のオ―ラを放つ様に見え、

その姿は凛々しくも見えるものである・・・

1 thought on “TRUMPETER 1/35 OBJECT268 CATAPILLER ON”
  1. ピンバック: is mayo keto

コメント受付は終了しました

武田戦車道場★プラモ戦記